2016年09月09日

Bootloader

Arduino 互換機のCPU にBootloader を書き込めば Arduino IDE からスケッチを書き込むことが出来ます。前回、JTAGICE3 でデバッグしているので Bootloader を書き込んでみます。肝心のBootloader はダウンロードしたArduino IDE の下にあります。Hex ファイルを選択します。
...\arduino-1.6.XX\hardware\arduino\avr\bootloaders\optiboot\optiboot_atmega328.hex
(XX にはバージョン番号の数字が入ります。ダウンロードしたバージョンに合わせてください。)

メニューよりツール → Device Programming で Memories を選択し、画面右端の[...] よりHEX ファイルを指定し、Program ボタンを押すと直ちに書き込みが行われます。
Hex.jpg

次に Fuses bit の値を
EXTENDED:0xFD,
HIGH : 0xD6,
LOW : 0xFF
にセットし、Program します。
FuseBit.jpg

さらに Lock bits の値を LOCKBIT:0xCF に設定して Program します。
LockBit.jpg

あとはジャンパーピンを設定して USB ケーブルを接続すると Arduino IDE からスケッチを書き込むことが出来ます。
Arduino IDE のツールよりシリアルポートを設定する必要があります。前回接続した Arduino UNO とは ドライバーが異なるためです。
Write_Boot.jpg
posted by white at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。