2016年08月29日

2つのIDE

Arduino IDE には 1.6.10 と 1.7.10 があります。この違いは何なのでしょうか?
ヘルプを見るとわかりますが出所が異なります。
Arduino 1.6.10
cc_Help.jpg

Arduino 1.7.10
org_Help.jpg

本家○○、と元祖□□と言ってるようなものですね!

何が違うのか良く分かりませんね!
対象となるボードに違いを見つけることができます。
Arduino.cc ボード
cc_Board.jpg

Arduino.org ボード
org_Bord.jpg

どちらも意欲的に新しいボードをリリースしようとしています。
Arduino.org からは今までの Atmel 社以外のCPU を積んだArduino STAR OTTO (STM32F469を積んだボード)
A000135-Arduino-Star-Otto-1front.jpg
http://www.arduino.org/products/boards/arduino-star-otto

や Arduino PRIMO が出そうです。
A000111-Arduino-Primo-1front.jpg
http://www.arduino.org/products/boards/arduino-primo
いずれも WiFiや BLE を搭載しているので、IoT にはもってこいなのですが日本国内では例によって技適(無線の許可)が必須となるので時間がかかりそう。

2つのIDEをどのように共存させるか?
それぞれのダウンロード元からIDEファイルをダウンロードしますが、zip形式のファイルがありますので、それをダウンロードしてそれぞれ別のフォルダーに展開し中のArduino.exe がありますのでクリックして起動すれば個別に起動します。
Arduino.cc の場合
cc_Download.jpg

Arduino.org
org_DownLoad.jpg

国内では LAPIS 社より Lazurite Sub-GHz ( これは 920MHz で無線通信が可能)あります。さすが国産なので既に販売が開始されている。(でも、どこと通信するのとツッコまないで!)
Lazurite-Sub-GHz-640x428.jpg
http://www.lapis-semi.com/lazurite-jp/products/lazurite-sub-ghz

ほかに老舗のTI社が出している。MSP432(ARM 32bit) や MSP430(16bit) と言った Arduino 類似品もでています。
LaunchPadシリーズ IDE は Energia (ボードは国内でも購入可能です。)
http://www.tij.co.jp/ww/launchpad/launchpad.html
posted by white at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。