2016年08月15日

外部の LED を点滅させる。

 Arduino にブレッドボートを接続しそこに LED(緑) と抵抗(200Ω)を配置して Arduino からの指示で LED を点滅させます。
LED_Brink_11.jpg

スケッチを作ります。
前回と異なるは 13番ピンを使用せず、12番ピンを使用しています。
void setup() {
// initialize digital pin 13 as an output.
pinMode(12, OUTPUT);
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
digitalWrite(12, HIGH); // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
delay(150); // wait for a second
digitalWrite(12, LOW); // turn the LED off by making the voltage LOW
delay(500); // wait for a second
}

実物の写真です。
LED_Brink_12.jpg

実は実物の写真には200Ωの抵抗を使っています。しかし回路の絵では220Ωとなっています。電気に詳しい人からは200Ωの抵抗て売っているんだと感心されることがありますが、最近は部品屋さんでも簡単に手に入ります。(詳しくは "E12系列の抵抗" でググって下さい。)


posted by white at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。